てんかん発作で突然意識が消失

てんかんの発作は、突然発生して意識が消失する場合があります。
脳の興奮で発作が発生するてんかんは、部分的なものと全体に起こる二種類があります。
部分的に発生する発作は、意識障害を発生させる場合はありますが、必ずしも起こらない事が特徴です。
また、意識が失われないてんかん発作は、体や運動機能に異常や問題が発生します。
脳全体に発生するタイプは、意識を失う部分発生型の発作と同じで、突然症状が起こる事による意識障害があります。
意識を突然消失してしまうので、発生状況によっては身体に危険を及ぼす場合があります。
脳全般に起こる発作の中でも、脱力症状は筋肉の働きを突然失ってしまう事が問題になります。
人は、普段から筋肉を緊張させているので、同じ姿勢を長時間保つ事が出来ます。
しかし、てんかん患者は突然筋肉の緊張を消失するので、姿勢が崩れたり倒れる状況が発生します。
発作自体は、数秒以内に収まりますが、立ったままで姿勢が崩れるには十分な時間です。
ただ、周囲から見てもよろけたり倒れるだけなので、てんかんの発作や症状だと気が付かない場合があります。
意識と筋肉の緊張を突然失う事は、日常生活の中でも危険が発生するリスクを高めます。
どちらも突然起こるので、状況次第では対処が難しくなりますが、事前に予防したり備える事は出来ます。
薬の服用は、症状を防いだり和らげる効果があるので、基本的な予防策として対応する方法です。
周囲に対するてんかんの周知は、症状が発生した場合のサポートを得る方法になるので、事前に伝える事が役立ちます。
突然発生するてんかんの症状は、意識を失ったり倒れる事がありますが、知識と対処法を覚えれば落ち着いて対応する事が出来ます。

■カルバマゼピンを主成分とする薬
テグレトール
■てんかん発作の予防には
ラミクタール