てんかんの発作は医療センターで診療

てんかんは3歳以下の乳児期から発病することが多いのですが、青年期や成人になってからも発病することがあります。
てんかんの症状の特長は意識を突然失ってしまうという発作です。この発作を繰り返し起こしてしまうのがてんかんなのです。
原因として考えられているのは脳への障害です。乳児期などは低酸素や脳へ外傷によって起こることがあります。またそれ以外にも脳炎や脳出血、脳梗塞でも起こることがあります。原因がわからないものもあり、成人になってから発症するものなど自分では思い当たる節がないこともよくあります。
発作の症状が重い場合は意識を失うという欠神発作だけでなく、全身が硬直してしまいガクガクと震えだしてしまうような発作もあります。
やはりこのような場合は医療センターなどで適切に治療を行うことが大切です。
症状が重たい場合は脳自体に影響を及ぼしてしまうことにもなります。早めに医療センターにて相談や治療を始めることです。
てんかんはどうしても生活に支障が出てしまいます。発作を起こしてから意識がもどっても俳諧してしまうこともあります。周りの人にもなんらかの影響を与えることにもなるので、できるだけ発作が起きないように薬による治療を行います。
医療センターでは症状によって薬の内容やその量を判断することになります。乳児期に発症したものは大人になるに従い治ることもあります。
しかしなかなか治らないこともありますが、自分で判断をして医療センターに行くのをやめたり、薬の服用をやめたりしないことです。
発作を薬で抑えるというのはてんかんには必要な処置方法なのです。継続して服用し、その発生リスクを抑えながら治療を続けていくことが大事です。