てんかん発作の前兆とは

てんかん発作は、突然発症する特徴を持ちますが、近年では発作の前兆が解明されつつあります。
発作が起こる前兆には、感情や感覚に違和感を覚えたり、体の状態に変化を感じ取る場合があります。
どの様な前兆が発生するかは、発作が起こる脳の部位によって違いますが、体に変化を覚える点は共通します。
前兆の一つとしては、予期不安やパニック発作、精神的な変化が特徴としてあります。
また、幻聴や幻覚だけではなく、存在しない臭いを感じ取る幻臭が発生するケースも存在します。
味に違和感を覚える場合もあるので、味覚にも影響している事が特徴的です。
本人が感じ取る五感以外には、平衡感覚を失ったり、めまいを覚える場合があります。
前兆が発生する状況を覚えていれば、今後の治療に役立てる事が出来ますし、発作を予期して備える事も行えます。
大切な事は、毎回発生する発作に共通する前兆、そして正確に体に発生する感覚を覚えている事です。
発生する症状と感覚は、脳が引き起こしている問題なので、治療や予防目的に役立つ手がかりになります。
症状発生備える目的としては、状態に合わせた回避行動が行えるので、怪我を防ぐ目的を実現する事が出来ます。
脳の原因部位が特定出来れば、手術が行える可能性があり、将来的な生活の質を改善する切っ掛けになります。
本人だけに分かる感覚の変化は、本人の記憶が頼りですが、平衡感覚に影響する前兆なら周囲も気が付ける可能性があります。
てんかんを患う人が周囲にいる場合は、普段から状態を気にかけたり、変化に注意して見守る事が大切です。
本人の努力や備えは大切ですが、周囲の助けがあれば生活の質は改善出来るので、協力を要請する事も発作対策になります。