てんかん発作の種類と分類

場所を選ばず突然倒れて意識がなくなり口から泡を吹いたりする症状が起こるのがてんかんと言う病気です。てんかんは子供に多い病気の一つですが、実際には乳幼児から高齢者までどの年代でも起こる可能性がある、とても一般的な病気の一つと言えます。
てんかん発作と言うのは脳の一部の神経細胞が一時的に異常な電気発射を起こすことによって起こります。そしてその電気発射が脳のどの部分で起こるかによって発作の症状の起こり方が変わります。てんかん発作の症状は通常は一過性のもので発作がおさまれば元の状態に回復するのが特徴です。脳梗塞、脳出血、脳腫瘍などの脳の疾患に伴って発症することが多いとも言われており、これらの明らかな原因がある場合には症候性転換と呼ばれ、原因が不明のものは特発性てんかんと呼ばれています。
脳の一部から始まる発作は部分発作、脳全体で起こり、左右対称であらゆる電極で大きな波や鋭い波などが見られるのが全般発作に分類されます。そしてさらに詳細に分類されてさまざまな名称のてんかんに分かれています。一例では倒れずに意識のなくなる欠伸てんかんや、うなずくときのような動作を伴う点頭てんかんなどがあります。
てんかんの治療のためには早期の段階で専門の医療機関を受診して治療を開始する必要があるのですが、治療は一般的には投薬治療が中心になります。脳波やその人に起こる症状に応じたてんかんの種類により使用する抗てんかん薬が変わります。その人の発作の症状に適した薬を使い医師の処方した有効な量の薬を服用することが大切で、自己判断で薬を飲むことをやめたりすると症状が収まらない可能性も出てくるので、必ず医師の処方に従うようにすることが大切です。