発作と突発性発作と抗剤について

突発性発作で起こる転換は、本人にとってみても予測ができない症状です。周囲が理解していれば良いですが、てんかんを知らない人にとっては突発性発作のてんかんは驚きますし、どう対処して良いかもわからないものです。突発性発作で起こるてんかんは、一時的な症状であるため、しばらくすればてんかんの症状は治まります。

てんかんの抗剤は、うつの抗剤と同じ医薬品を処方されることもあります。てんかんは発作を抑えようとする予防に使用する抗剤を処方されることがありますが、うつは同じ医薬品で、感情のアップダウンをセーブさせる作用がある医薬品もあります。医薬品は自分だけの判断で服用するものではなく、必ず専門の医師の診察を判断で適切な薬を使っていくことが大事です。

発作の症状では、パニック障害もあります。突然起こる症状で、発汗や激しい動悸があり、体には震えを感じて、脈拍が異常に多い状態になります。パニック障害の発作は、ほかにもめまいや息苦しさを感じます。激しい不安感が強いために、このまま死んでしまうのではないかという、強迫観念にも囚われがちです。しかし、パニック障害も一時的なもので、徐々に症状は治まっていきます。

発作の症状としては、本人は無意識のうちに起きて、周囲が困惑しがちなのが、やはりてんかんです。大脳における神経細胞の過剰な電気的興奮、そして興奮が広がっていくことで起こるものです。そのため、興奮系の働きを抑えるための抗てんかん薬を処方されます。症状に応じて、抑制系の働きなどを強める作用のある抗てんかん薬もあります。医療の世界も進歩しており、新しい作用を持った抗てんかん薬も登場しています。うつ治療に関しての治療も、新しい薬は研究開発がされています。